ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

ヤマト2202シナリオ

元気な古代──『ヤマト2202』第11話シナリオを読む

こんにちは。ymtetcです。 「福井晴敏の『ヤマト2202』語り パート4」が2本の記事になりました。やはりインプットは大切ですね。 今日はもう一点、シナリオの方を進めていきたいと思います。 第11話は「チクワ」回。リメイクとして見れば、第10話のホタルに…

3 構成メモを読む──【ヤマト2202】第10話を振り返る

勉強会その3です。

2 シナリオを読む──【ヤマト2202】第10話を振り返る

最後は盛大なブーメラン。

『ヤマト2202』における「人間性」の肯定──早紀とテレサ

こんにちは。ymtetcです。 前回の記事「 『ヤマト2202』における「人間性」の「矛盾」」では、福井さんが語った「『戦艦なのに反戦』という『矛盾』」、そして『2202』が描いた「人間性の矛盾」に迫っていくことを試みました。 次の作業に進んでいきたいとこ…

『ヤマト2202』における「人間性」の「矛盾」

人間性の「矛盾」

【ヤマト2202】古代進という男

こんにちは。ymtetcです。 今日取り上げるのは、「シナリオ」編から、第8話の記述です。 まずは本文をご覧ください。

『ヤマト2202』第五章から二年──だからこそ観たい動画

こんにちは。ymtetcです。 2018年5月25日に公開された『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」。今週の月曜日で、公開から2年が経ちました。 そんな中、MMD*1創作やPSゲーム『ヤマト』の実況でお馴染みのFGT 2199様が、「土星沖海戦について語…

『さらば宇宙戦艦ヤマト』とは、『2202』とは何だったのか

時々書くとても長い記事。

【ヤマト2202】反逆への道のり──第三話「シナリオ」を読む

動機付けのステップ

【ヤマト2202】「シナリオ」を読む──第二話

脚本VS監督!?

【ヤマト2202】「シナリオ」を読む──第一話

『2205』に向けての話も。

【ヤマト2202】加藤三郎の戦死を考える

第六章とチグハグな脚本&脚本とチグハグな本編(大混乱)

【ヤマト2202】第18話で都市帝国を出すべきでなかった理由

『2202』はサスペンス感が足りない。

【ヤマト2202】シナリオの「ズォーダーの改心」を考える

「相互理解」として

【ヤマト2202】古代進は『ヤマト2199』そのもの

『2202』の古代進は『2199』そのもの?

「構成メモ」から見る『ヤマト2202』の『2199』要素

やはり「続編」としては少ないのでは。

【ヤマト2202】「斉藤始=蘇生体」とは何だったのか──構成メモから

良き脇役・サスペンス要員

『ヤマト2202』「森雪のキス」は「誓いのキス」──シナリオから

「二人の結婚式」ちゃんとあった説

【ヤマト2202】「波動実験艦銀河」のドラマ完成への紆余曲折

主語は『2202』にすべきか

【ナミガワ様より】ヤマト2202へのモヤモヤを解く考察

「アイデンティティー」と「愛の勝利」

【ヤマト2199】新規掘り起こし戦略の違い【ヤマト2202】

リメイクシリーズの大戦略。

【ヤマト2202】「山本玲の生還」による違和感をなくしたい

後出しジャンケン「コスモウェーブ再び」案

【ヤマト2202】最終話は絶対に必要なんです

宇宙戦艦ヤマトは何のために飛ぶのでしょうか?

『ヤマト2205』前後編説──「白い2205」と「黒い2205」……のはずが

終わった。

『2202』のシナリオ成立過程から『ヤマト2205』=「短期決戦」へ

『2202』の本質はシンプルな「さらばリメイク」だったのに……だからこそ、次は「短期決戦」で!

人を選ぶ『ヤマト2202』の価値判断──「ガトランティス」編

優性思想へのアンチテーゼ?

人を選ぶ『ヤマト2202』の価値判断──「国民投票」編

『2202』は「理想主義」のラストを「選択」した――。

つぶやき──『シナリオ編』と「作品考察」へのアプローチ

こんばんは。ymtetcです。 久々にブログを書いていて、感じたことがあります。 それは、ヤマト2202資料集『シナリオ編』の存在が、これまでになかったような、たくさんのことを可能にしているということです。 例えば、これです。 ymtetc.hatenablog.com こ…