ymtetcのブログ

ヤマト他、モタスポなど色々なことについて考えていくブログです。

ファンが浮かれるにはまだ早いトロロッソの躍進:短文一考

トロロッソバーレーンGPにおける躍進には、ホンダも大きく貢献しました。

そこで、レッドブル・レーシングとの来季を期待する声もちらほらと出始めました。

もちろん、ホンダのパワーユニットが「レースを戦える」だけの力を持っていることは確かです。

しかし現実として、開幕戦で壊れたコンポーネントがあること、既にそのコンポーネントは2基目を投入していることを忘れてはなりません。

ルノーとホンダは、現実的に年間3基は難しいとのことですから恐らく4基でシーズンを終える、ということが最低の目標になると思います。

4基となれば、最低でも5レース、あるいは6レースを同じコンポーネントで走らなければなりません。

開幕戦から使っているコンポーネントはあと4レース、バーレーンからのものはあと5レースを走り切ることが目標です。

ポイント圏内をうかがうパフォーマンスを維持しつつ、いかにパワーユニットを労わるか。

この新たなる戦いを前にして、ファンが浮かれるにはまだ早いと思います。

しかし、これは悪い意味ではありません。

挑戦はこれからなのですから。

レッドブルの厳しい視線に晒されながら、イタリアンチームと共に挑むナンバーワンに向けた戦いは、今再びゼロからスタートしたのです。

追加:余談ですが、トーチュウ大見出しの『ホンダ4位』に辟易しました。(詳細は過去記事をお読みください)