ymtetcのブログ

ヤマト他、モタスポなど色々なことについて考えていくブログです。

メモ:トロロッソホンダinオーストリア

今回のレースでは、ガスリーがP12から、ハートレーがP19からのスタートでした。

ガスリーはスタートでヴァンドーンと接触。ポジジョンを落とし、なおかつフロアを破損したそうです。第1スティントではペースも上がらなかったものの、ソフトタイヤに交換した第2スティントでは1分9秒台を連発。周囲は10秒台でしたから良いペースでした。

しかしそれが祟ったのか、あるいはフロア破損によるダウンフォース減少がじわりと効いたのか、最後はタイヤが「終わって」しまい、ポイント圏から脱落。残念な結果でした。

一方ハートレーはSSタイヤでスタート、定期的に見られる第1スティント超ロング作戦を採りましたが、実はそれほどペースは悪くありませんでした。しかし、「車体側」のトラブルによってリタイア。オンボードを見てる感じだと、電気が落っこちたような雰囲気でしたね。

今回のレースでは、ガスリーにもハートレーにも入賞のチャンスはあったと思います。しかし、運がないというか。それでも、2台で完走しないといけないレースではありました。中団チームの宿命かもしれませんが、オープニングラップでの接触が多すぎますね。