ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

etc

「親子で楽しめる作品」のメリット:『宇宙戦艦ヤマト』の行く道

こんにちは。ymtetcです。 今日は前回から引き続き、「親子で楽しめる『ヤマト』」について考えていきたいと思います。 〇転機となった『復活篇』 〇親子で「懐かしい」と思える作品 〇理想は『仮面ライダー』?

「お仕事もの」と子ども向け『宇宙戦艦ヤマト』

こんにちは。ymtetcです。 前回「お仕事もの」としての『宇宙戦艦ヤマト』について言及したところ、社会人になってから旧作を観ると、そうした側面が好きになる、とのコメントをいただきました。 なるほど、と思うと同時に、あるいは、それは子どもにとって…

『999』と同じ?『宇宙戦艦ヤマト』が持つ魅力

こんにちは。ymtetcです。 前回の記事で、幼少の私にとって『999』と『ヤマト』の違いは、「鉄道か、戦艦か」程度の違いしかなかった、というお話をしました。主題歌も同じ人ですし、絵柄もよく似ていますから、無理もありません。 しかし、今現在の私から見…

1990年代後半生まれの私が、『ヤマト』ファンになるまで

こんにちは。ymtetcです。 ここ最近、『ヤマト』を次世代に引き継ぐ方法について考えてきました。そのなかで先日、コメント欄において「ymtetcが『宇宙戦艦ヤマト』を観るようになった理由」も参考になるのではないか、と指摘をいただきました。 〇子供向け…

【宇宙戦艦ヤマト】「松本零士アニメ」への復帰

こんにちは。ymtetcです。 コメントで「西崎義展」さんを核とする現代ヤマトの構図そのものに問題がある、との指摘がありました。 私自身、例の裁判に対する知識はWikipedia、5ch、個人サイトくらいの知識しかありませんが、それ故か、西崎さんを原作者とす…

『宇宙戦艦ヤマト』を次代に引き継ぐ最も簡単な方法

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』を次世代に引き継ぐのは、かなり不可能に近いことが分かってきました。例えば『シン・ゴジラ』は広範にわたるヒットを記録しましたが、それが『ゴジラ』シリーズの次世代への継承に繋がっているかといえば、そう…

『宇宙戦艦ヤマト』にはテレビシリーズ企画が必要

こんにちは。ymtetcです。 ここ最近は『宇宙戦艦ヤマト』を現代社会に生かす方法を考えています。 今日も、それについて考えましょう。

『宇宙戦艦ヤマト』が逸した2015年の「チャンス」

こんにちは。ymtetcです。 ここ数日「『宇宙戦艦ヤマト』は社会の中で生きていない」という話をしていますが、この十数年では、『ヤマト』が社会のなかで生きていた時期もありました。それが09年の『復活篇』、10年の実写版、13年の『2199』テレビ放送です。…

市民権を得ていない『宇宙戦艦ヤマト』

こんにちは。ymtetcです。 私自身の感覚でしかありませんが、『ガンダム』シリーズは市民権を得ているのに『ヤマト』シリーズは得ていないように感じています。言い換えれば、『ガンダム』は社会のなかで生きているが、『ヤマト』は社会のなかで生きていない…

『宇宙戦艦ヤマト』は「不朽の名作」ではない説

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』はしばしば「不朽の名作」と言われます。しかし、その表現にはどうにも違和感をおぼえてきました。今日は、この私の違和感について考えていきます。

【リメイクヤマト】ナレーションの復活も一考していい

etc

こんにちは。ymtetcです。 リメイクヤマトになって、旧作の特色の一つだったナレーションがなくなりました。それはナレーションそのものがトレンドではなくなったからですが、敢えて今こそ、復活させるのもいいかもしれません。 今日は、これについて考えて…

『宇宙戦艦ヤマト』の強みは「ミッション」

etc

こんにちは。ymtetcです。 今日は『宇宙戦艦ヤマト』の強みについて、考えてみます。

【これからのヤマト】生き残りには「子ども」が必要

etc

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』が将来にわたって生き残るためには、「子ども」に受け入れられることも必要だと考えます。 しかし、『ガンダムAGE』のように、従来のファンから批判されるような状況も好ましくありません。今日は、これについて…

【リメイク・ヤマト】スタッフの「正統性」を活かす

etc

こんにちは。ymtetcです。 スタッフを選択する際に重要な側面として「正統性」があります。すなわち、絶対的な存在であるオリジナル版の『宇宙戦艦ヤマト』に対して、いかにファンを納得させる経歴をもった人材であるか、という点も重要なのではないでしょう…

今日はお休みします。

etc

こんにちは。 今の今(12:09)まで記事を書いていました。書き終えたのですが、とある『ヤマト』作品に対して、当ブログにしては珍しく(?)かなり批判的な内容になっていたため、公開はしばらく先送りにしたいと思います。 ただでさえ先の金曜日の出来事で…

宇宙戦艦ヤマトに「日本人」以外を乗せると何が起こるか?

etc

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』のヤマトに「日本人」以外が乗らないのはお約束ですが、なぜリメイクでキーマンが乗ったことは、それほど大きな出来事だと見なされなかったのでしょうか。それは、キーマンは「外国人」のメタファーであったから…

【リメイクヤマト】異星人を「異星人」と見なさないスタンス

こんにちは。ymtetcです。 以前の記事で、「グローバル」が理想視された現代社会では、内戦ではなく地球人と異星人の戦いを描く『ヤマト』は難しい立場に置かれるのではないか、と述べました。 そこでふと感じたのは、リメイク・ヤマトが既に「地球人 対 異…

【これからのヤマト】途中から始まる導入

こんにちは。ymtetcです。 私は『完結編』の冒頭が大好きですが、それは「途中から始まる」ところにワクワクしているからです。今日はこの「途中から始まる導入」について、考えていきます。

【これからのヤマト】戦争を描く機会は減っていく?

etc

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』は「戦艦」をタイトルに掲げている一方、実際に戦争をテーマにした作品は少ないと言えます。今日はそのことについて考えていきます。

『宇宙戦艦ヤマト』の伝え方

etc

こんにちは。ymtetcです。 先日、旧ヤマトの『ロマンアルバム』を読んでいました。すると目についたのが、紙面の言葉が、観客の視点になって書かれている点です。 「『宇宙戦艦ヤマト』に登場するキャラクターは、誰をとっても、魅力的である。彼らの一言一…

【戦記ものヤマト】「防衛軍萌え」の可能性

etc

こんにちは。ymtetcです。 前回の「戦記もの」の記事に、「2の土星沖をめぐる艦隊戦が適当ではないか」とのコメントをいただきました。私も同感です。今日は、「防衛軍萌え」の可能性について考えてみます。

『宇宙戦艦ヤマト』は戦記物になり得るか?

etc

こんにちは。ymtetcです。 最近、『スターウォーズ』のアニメシリーズ『クローンウォーズ』を見始めました。分かりやすく、だが複雑な戦記もの、との印象ですが、面白いです。色々な人に勧められてきたのも分かる気がします。 そこで今日は、『宇宙戦艦ヤマ…

【これからのヤマト】「大人向け」の優位性

etc

こんにちは。ymtetcです。 これからのヤマトを占う論点の一つに、「ファンの世代交代」を目指すか否か、が挙げられます。今日はこれについて、考えます。 リメイク・ヤマトは、『2199』でファンの世代交代に成功しなかった(失敗とは言えませんが)ことを踏…

【これからのヤマト】名作の威を借りたスピンオフ

etc

こんにちは。ymtetcです。 今日は『宇宙戦艦ヤマト』のスピンオフを作る際、どのようなアプローチをとればよいかを考えてみます。 先週から、『スターウォーズ』より『オビ=ワン』のスピンオフを観ています。そのために、わざわざDisney+へ加入したほどです…

【これからのヤマト】軸の複数化と、軸同士の距離

etc

こんにちは。ymtetcです。 今回は、複数の物語を同時進行させる手法について、考えていきます。 先日『刀剣乱舞』の話をしましたが、艦隊これくしょんと同じく山ほどキャラクターのいる本シリーズは、派生作品において、それを活かす工夫がなされています。…

【これからのヤマト】日常を感じられる作品に

etc

こんにちは。ymtetcです。 いきなりですが、「刀剣乱舞」というゲームを始めました。「艦これ」の刀剣バージョンだと考えてください。 「刀剣男士」を集めて育てるシンプルなシステムで「作業ゲー」とも言われる作品ですが、「本丸」の仕事に刀剣男士を割り…

【これからのヤマト】「定番」のその先を描く

etc

こんにちは。ymtetcです。 歴史的名作は、そのプロットに魅力がある場合は多いと思います。 今日はこれについて考えます。 例えば『宇宙戦艦ヤマト』のプロットの場合、「異星人の攻撃によって滅亡まであと1年」との点に秘密があると考えます。 すなわち、第…

ヤマト・コミックの現状とこれからを考える

こんにちは。ymtetcです。 私はもともと漫画を読む習慣がありませんが、『スターブレイザーズΛ』をきっかけとして、漫画について考える機会が増えました。ただ、少し考えてみると、現在の『宇宙戦艦ヤマト』関連コミック(以下ヤマト・コミックと呼称)は、…

【ヤマトプラモ】バンダイも難しい

etc

こんにちは。ymtetcです。 hobby.watch.impress.co.jp アシェットヤマト→アシェットアンドロメダに続いて、アシェットヒュウガが登場することになりました。 ヤマト、アンドロメダと違って未だ安価なプラモデルが登場していないヒュウガのアシェット参戦に、…

【宇宙戦艦ヤマト】波動砲の魅力は破壊のみにあらず

こんにちは。ymtetcです。 今日は旧作・リメイクシリーズを通じた、波動砲の魅力について考えていきます。 〇近作における波動砲 〇波動砲の作劇上の役割 〇波動砲の魅力