ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

【ヤマト3199】”並行宇宙”説のメタ的面白さ

こんにちは。

ymtetcです。

『ヤマト3199』の敵・デザリアムを「並行宇宙の地球」と見なす意見は根強いです。

さらに実際、『2205』にあって、それを匂わせる描写も少なくありません。仮に「並行宇宙の地球」ではなくとも、何らかの並行宇宙や、時間をさかのぼる技術がリメイク・ヤマト宇宙に存在している可能性は高いでしょう。

今日は、このことについて考えていきます。

続きを読む

【これからのヤマト】戦争を描く機会は減っていく?

こんにちは。ymtetcです。

宇宙戦艦ヤマト』は「戦艦」をタイトルに掲げている一方、実際に戦争をテーマにした作品は少ないと言えます。今日はそのことについて考えていきます。

続きを読む

【福井ヤマト】前作を乗り越えるアプローチ

こんにちは。ymtetcです。

「福井ヤマト」が繰り返して使う手法に、「前作を否定する」手法があります。

今日はこれについて、改めて考えます。

 

「福井ヤマト」は『2202』の時に、「前作『2199』を否定している」と、随分批判を受けました。

それはもちろん、表面的な変化が『2199』に否定的に見えたことに由来しますが、中身としても、『2202』は『2199』に対して否定的に見える作品でした。『2199』と『方舟』が肯定的に描いた「相互理解」と「波動砲の否定」は、異星人に対する相互不信の象徴としての波動砲艦隊として、また、それに対する古代進の深い葛藤として、ネガティブなものに置き換えられたのです。

しかしこのアプローチは、福井さんが自身で手掛けた『2202』に対しても行われました。『2205』では、『2202』が肯定的に描いたあの国民投票は土門竜介の人生を狂わせたものとして描かれています。また、それに対する古代進の葛藤も深いものがあります。

もちろん、尺の関係上、古代進の葛藤を長く描くことはしませんでしたが、実際に『2202』ファンでもあった私は、『2202』のラストを否定する『2205』のアプローチ、特に古代進の深い葛藤にはついていけない部分もありました。

このように、前作に対して否定的目線を向け、さらに「本質」に迫ろうとするのが福井さんのアプローチです。

『2205』は、福井さん自身が前作『2202』を手掛けていたこともあってあまり批判は受けませんでしたが、アプローチそのものは、『2202』が『2199』ファンから批判を受けたあの頃と大きくは変わりません。

そしてこのアプローチが今後も続くのは間違いないでしょう。

再び「最大公約数」的アプローチに回帰した『2205』を受けて作られる『3199』が同じようなアプローチをとった時、ファンがどのように反応をするかは未知数です。

その点は、とても楽しみでもありますね。

【ヤマト2205】特定の世代向けも悪くない

こんにちは。ymtetcです。

『ヤマト2205』は、やはり旧ヤマト世代に向けた作品でした。

今日はこのことについて、考えていきます。

続きを読む

【ヤマト黎明篇】『復活篇』に向けて架けるべき「橋」

こんにちは。ymtetcです。

今日は『ヤマト復活篇』の特異性と、そこから考える『黎明篇』のとるべきアプローチを考えていきます。

続きを読む