ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

『エヴァ』から考える『ヤマト』シリーズ入門編の最適解

こんにちは。ymtetcです。

今日の話題はサブブログと迷ったのですが、以前『シン・エヴァ』感想をメインブログに投稿していたので、こちらで公開します。

『シン・エヴァ』の公開によってシリーズが完結したことで、『エヴァ』そのものに対する注目度も高まっていると感じます。その中で、私の身の回りにも「この機会だから『エヴァ』を観てみようかな」という層が一定程度います。

そこで今日は、初心者が『シン・エヴァ』を楽しむにあたって旧劇(あるいは旧テレビ版)の知識が必要なのかどうかについて、書いていきます。

続きを読む

【第13話】明日に架ける虹:『スターブレイザーズΛ』メモ

見上げるだけの虹では

語り合う友に会えない

同じ蜃気楼めざして

明日に虹を架ける

こんにちは。ymtetcです。

comic.webnewtype.com

『スターブレイザーズΛ』第13話「虹」が公開されました。

では今回も、いくつか感想を書いておきます。

  • 〇全体感想
  • 〇「虹」が繋ぐもの
続きを読む

お休み:先日紹介した論稿

こんにちは。今日はお休みです。

先日紹介した論稿について、Twitterでいくつか話をしています。

特に後者ですが、この論稿は『2202』第9話に対して、よくありがちな批判とは少し異なる角度から切り込んでいる点が面白いなと思いました。私もそうですが演出方面を批判しがち人も多い中、この著者は福井脚本に対して切り込もうとしている点が意欲的ですよね。そこがひとつ読み応えのあるポイントかなと思います。

ところで、当該論稿を読まれた方の中には、著者が『2199』『2202』をまとめて批判している点に違和感を覚えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私も最初は少し違和感を覚えていたのですが、著者の切り口、特に西﨑ヤマトとリメイク版を対比しつつ、キャラクターの配置や行動原理に日本社会の変化を重ね合わせようとする切り口を考えると、『2199』『2202』がまとめて批判されることもあり得るのかな、というのが私の考えです。

繰り返し読むと、様々な論点が浮かんできます。さすがは学術畑の著者の書いた文章だなぁ、と感動をしているところです。

『宇宙戦艦ヤマト』研究の意義

こんにちは。ymtetcです。

先日、以下のツイートをしました。

当該論文は、リンク先で読むことができます(無料)。内容としてはかなり厳しく『2202』を批判する内容になっていますので、『2202』ファンの方は注意したほうがいいかもしれません。私も、少なからずダメージを受けました……(笑)。

とはいえ、実名かつ脚注のついた形で『さらば』と『2202』を論じた文章が公開された意義は大きく、論文としては先駆的な成果と言えるのではないでしょうか。これを機に、もっと研究が進んでもいいのかなと思います。

さて、先のツイートで私は『宇宙戦艦ヤマト』は学術研究の対象になってもいいのではないかと述べたわけですが、研究には研究の意義が必要です。

研究の意義を後から用意する研究者も少なくありませんが、私は『宇宙戦艦ヤマト』は、わざわざ用意しなくても十分に意義があると考えています。

というのも、『宇宙戦艦ヤマト』には以下の5つの特徴があるからです。

  • かつて日本社会を席巻した
  • 続編が出るたびに評判が悪化
  • 太平洋戦争の影響を受けている(実在の戦艦《大和》と無関係ではない)
  • 主題歌が「国歌」と称される
  • 新作が「ヤマトらしくない」と言われる

説得力ある表現に書き換える必要はありますが、いずれの特徴も、『宇宙戦艦ヤマト』が論じるに足る作品であることを示すものだと思います。

しかしながら『宇宙戦艦ヤマト』の研究は、やはり『ガンダム』や『エヴァ』に比べると進んでいません。

CiNii Articles 検索 -  機動戦士ガンダム

CiNii Articles 検索 -  エヴァンゲリオン

私は現状研究を進められる立場にはいないので、学術界に潜むヤマト世代や、これから学術界に入っていく人もいるであろう『2199』世代の中から、一人でも『ヤマト』研究に挑戦する人が出てくることを祈っています。

ちなみに無料公開されている論文の中には、氷川竜介さんのものもあります。

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA) - XooNIps

「宮崎アニメに宿るいのちの力」と題された論文の中で『宇宙戦艦ヤマト』に触れています。基本的には第一作を論じたものですが、最後に『復活篇』への言及もあり、大変興味深いものになっています。こちらは全てのヤマトファンが楽しめる書き方になっているので、一読されるといいかもしれません。

【ヤマト2202】「世界が、変わる」とはなんだったのか

こんにちは。ymtetcです。

先日サブスクで『マクロスΔ』を観ていたら、関連作品に『2199』が表示されました。これこそ、私の想定していたサブスクのメリットです。SF・宇宙もののアニメファンに『2199』『2202』が届くといいですね。

さて今日は、リアルタイムの頃から少し謎だった、『2202』第六章のキャッチコピーについて考えてみたいと思います。

続きを読む

完成はしそう?

こんにちは。ymtetcです。

事実上の『ヤマト2205』最新情報が公開されました。

続きを読む

「そのままリメイク」は必要かもしれない

こんにちは。ymtetcです。

皆様は「『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに興味があるんだけど……」という人が目の前に現れた時、まずどの作品を薦めますか?

実際にそういった状況になったことは数えるほどしかありませんが、私はこれまで、決まって『宇宙戦艦ヤマト2199』をおすすめしてきました。

でも、それでいいのだろうか? 今日はそんなお話です。

続きを読む