ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

「ヤマト責任」論が切り開く新・『ヤマト』クリエイター論議

etc

こんにちは。ymtetcです。 一昨日、岡秀樹さんがツイッターで「ヤマト責任」なる表現を用いておられました。 高島雄哉さんが執筆される「復活篇前日譚小説」の制作に合流した時、最初に頭をよぎったのはこのことでした。長い長い前置きになってしまいました…

【スターブレイザーズΛ】FGT2199さんの動画で気づかされたこと

こんにちは。ymtetcです。 FGT2199さんが、『スターブレイザーズΛ』について語るYoutube動画の中で「ymtetcのブログ」に言及してくださいました。ありがとうございます。 www.youtube.com 今日はこの動画を観て気づかされたことについて、書いていきます。

「大切な人の死」を受け止める物語:『スターブレイザーズΛ』第17話

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマトNEXT スターブレイザーズΛ』第17話「最強のトップネス」が公開されました。 comic.webnewtype.com 今日は、この第17話について、考えていきます。

【アクエリアス・アルゴリズム】『ヤマト黎明篇』への改名が示すこと

※会員更新期限の関係上、ymtetcは『ヤマトマガジン』第11巻、第12巻を未読です。予めご了承ください。 こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 第0部 アクエリアス・アルゴリズム』と銘打って連載を開始した『アクエリアス・アルゴリズム』が、一…

【これからのヤマト】大切なのは"過去のヤマト"を知ること?

etc

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』新作をつくる時に問題となるのは、新旧のギャップ。そんな話を以前しました。 ymtetc.hatenablog.com この時、私は「旧作風を重視するか」「現代風を重視するか」の二択を提示しています。 しかし一週間経って、…

【宇宙戦艦ヤマト】みんなで「らしさ」を見つけたい!

こんにちは。ymtetcです。 「うん、いいね」。みんながそう思える『宇宙戦艦ヤマト』があればいいなと、いつも思います。そこで今日は、何度目かの話をしていきます。 〇まずは基本軸を固定すべき 〇多くの「物語」のアプローチ 〇基本軸をシンプルにするメ…

【ヤマト2202】「引きが強い」作劇を活かすためには?

こんにちは。ymtetcです。 2202。数話に跨る伏線があるので、「ん?」と思っても結論を焦らないほうがいいですよー。 — 高木⚓ 弘樹 (@takawokukuru) 2017年10月16日 『2202』は、「数話に跨る伏線」システムを採用しました。伏線を一度にすべて回収して…

【宇宙戦艦ヤマト】新旧のギャップを敢えて利用すれば……

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』の新作を作る時に問題となるのは、旧作の作風を重視するのか、それとも流行りの作風を重視するのか、という点です。今日は、その問題にひとつのヒントを与えてくれる動画を紹介し、どのようにこの問題を解決すれ…

【ヤマト2205】『2202』っぽく妄想してみる

こんにちは。ymtetcです。 もう大人たちには期待しない。あるべき未来を求め、伝説の艦に乗り込んだ若者たちが波乱を呼ぶ。新生ヤマト、出撃の時――。(『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』10月8日 劇場上映) 「もう大人たちには期待しない。あるべき未来…

【ヤマト2202】観客が物語に馴染めない理由は……

こんにちは。ymtetcです。 企画メモを読むと、福井さんは『さらば』を「ヒューマニズムという理想が過酷な現実に勝利するファンタジー」と解釈しています。そして『2202』のラストはまさに「理想が現実に勝利するファンタジー」。原作の分析とリメイクの内容…

【休】の基準と「京アニ」記事再挑戦

こんにちは。ymtetcです。 「【休】」とタイトルに付ける時に基準となるのは、記事を書く際にかけた時間です。基本的に私は偶数日に記事を下書きし、奇数日に記事を書き、偶数日に記事を公開するルーティンで活動していますが、時折、どちらか一方にしか時間…

【ヤマト2205】とある現代アニメから学べること

こんにちは。ymtetcです。 ymtetc.hatenablog.com 前回の最後の方で、「若者たちの存在を『波乱』と見なすのは、若者たち自身ではなく『大人』の方である」と書きました。同時にこれを書きながら、私は「波乱」という字にどこか引っかかりを覚えていました。…

【ヤマト2205】"「優等生」に見える"若者は出てくるのか

こんにちは。ymtetcです。 もう大人たちには期待しない。あるべき未来を求め、伝説の艦に乗り込んだ若者たちが波乱を呼ぶ。新生ヤマト、出撃の時――!(『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』10月8日 劇場上映) もう大人たちには期待しない。 そんな印象的…

会報誌が減ったのは……:ヤマトクルーFC新会員制度

etc

こんにちは。ymtetcです。 ヤマトクループレミアムの新しい料金体系が発表されました。今日はこれについて、書いていきます。

「夢」の正体は……?:『スターブレイザーズΛ』第16話鑑賞メモ その2

こんにちは。ymtetcです。 今日のメインは記事の末尾についている表です。いわゆるレイン回がスタートした第14話から、ユウとレインの動きを書き出してみました。何かの参考になればと思います。 〇「夢」の正体は……? 〇参考資料:ユウとレイン(第14~16話…

ユウの記憶はどこから?:『スターブレイザーズΛ』第16話鑑賞メモ その1

こんにちは。ymtetcです。 comic.webnewtype.com 先日、『宇宙戦艦ヤマトNEXT スターブレイザーズΛ』第16話「レイン」が公開されました。今回も、鑑賞メモを書いていきます。

第676話「白熱! 『2199』『2202』サブタイトル論争!!」

こんにちは。ymtetcです。 デーダー役の天田益男です。是非みなさん観てください。 pic.twitter.com/cHdSKrpbfQ — 天田益男 (@58masuo) 2021年8月9日 意外なところから、『2205』第4話のサブタイトルが公開されました。同じ時期に、結城さんや枝松さんなどの…

【ヤマト2205:本予告雑感】デザリアムの自己認識は真実なのか 他

こんにちは。ymtetcです。 www.youtube.com 『ヤマト2205』の本予告が解禁されました。冒頭映像を観ていない勢にとっては、新情報が盛りだくさんな内容でしたね。 今日はいくつかのポイントに分けて、予告編の雑感を書いていきます。

【新作ヤマトを作る】「現代の日本人に足りないもの」という視点

こんにちは。ymtetcです。 今日は、新しい『宇宙戦艦ヤマト』を作る時の考え方について、記事を書きたいと思います。手がかりとするのは、西崎プロデューサーの語る「『ヤマト』がヒットした理由」です。

【ヤマト音楽】似ている曲

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』の音楽には、原曲、とまではいかないものの、モデルとなった曲があります。 有名どころとしては、「美しい大海を渡る」と「Somewhere Over the Rainbow」。これは2012年の「ヤマト音楽団大式典」で宮川彬良さん…

【新人クルー研修日誌】ネタバレと「人間味ある公式」のハイブリッド

etc

こんにちは。ymtetcです。 フジオイです。『宇宙戦艦ヤマト2199』第五章。ガミラス艦隊に囲まれてもなお、前進して突破を命じる沖田艦長かっこいいですね。そして見つけた亜空間ゲート活用の鍵・ビーメラ。と思ったのも束の間、艦内ではなんと反乱!?真田さ…

「過激派」ヤマトファン発生メカニズム:ファンとスタッフの年齢差

こんにちは。ymtetcです。 リメイク・ヤマトをめぐる賛否はもちろん、世代論では語り尽せません。 いわゆる「オールドファン」「古参」「旧作リアルタイム世代」などと呼称される世代のファンであっても、リメイクに対しては一人ひとりの向き合い方がありま…

【新人クルー研修日誌】違和感をおぼえてしまう

etc

こんにちは。ymtetcです。 皆様、こんばんは。この度 #宇宙戦艦ヤマト チーム宣伝課に配属されました!新人クルーのフジオイと申します。ヤマト初心者の若輩者ではございますが、本作の魅力を沢山の皆様にお届けできるよう精一杯努めて参ります。先輩クルー…

【ヤマト2205】シャルバート教から風呂敷を広げてもいいが

こんにちは。ymtetcです。 『2205』の冒頭を観ていない不届者ではありますが(笑)、『2205』の記事も書いていきたいと思います。

【休】対立煽りに加担した反省

こんにちは。ymtetcです。 タイトルでなんとなくお分かりかと思いますが、先日の玉盛さんのツイートには、大いに反省させられました。 デザインの作風としては異なるものであったとしても、そこに人間同士の対立が反映されている、あるいは人間の好き嫌いが…

【アクエリアス・アルゴリズム】二人の古代進を繋ぐ方法を考えたい

こんにちは。ymtetcです。 今日は、『ヤマトマガジン』で連載され、書籍として発売されることも決まっている小説『アクエリアス・アルゴリズム』のお話をしていきます。 この作品は、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』と『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を繋ぐ作品として…

【リメイク・ヤマト】保守的なファンが求めるのは「原因」の変化

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』に限らず、リメイク作品は旧作を作り直す、あるいは再構築する、あるいは再生することを求められます。その中で、時代に合わせて変化していかなければならないものも当然あるでしょう。しかしそれは、保守的なフ…

【ヤマト2202】少しだけ物語を「わかりやすく」する方法

こんにちは。ymtetcです。 今日は『ヤマト2202』の物語をほんの少しだけ「わかりやすく」する方法を、後出しジャンケンで提示してみたいと思います。 まずはこちらの引用文をご覧ください。 テレサの声「強い"想い"は、ときに定められた未来を変えてしまう」…

2199ファン的視点から見る『ヤマトという時代』のいいところ

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマトという時代』は、来たるべき『2205』にむけて、『2199』と『2202』の情報を整理する役割を果たす映画でした。 そんな『時代』のいいところとは、どこにあるのでしょうか。 今日は「2199ファン」的な視点から、これについて…

【休】書けない

こんにちは。1時間30分書き続けてかけなかったので、今日はお休みです。 来週から復帰します。 (追記) 1時間30分書き続けていたのは、京都アニメーションに関する記事です。しかし、今の私には、例え2年が経ったとしても、この日に向けて京都アニメーショ…