ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

【ヤマト2205】ファンが感じとる「続編」ぽさ

こんにちは。ymtetcです。 私は、『ヤマト2202』を「『2199』の続編ではない」と感じたことは(基本的には)ありませんでした。ですが『2205』を観た際には、『2202』以上に「『2202』の続編だ」と感じました。その本質的な理由としては、『2202』から脚本チ…

【ヤマト2205】地球社会の矛盾

こんにちは。ymtetcです。 今日は、この記事の続編を書いていきたいと思います。 #宇宙戦艦ヤマト【ヤマト2205】「反乱」によって戦争を避ける - ymtetcのブログhttps://t.co/Ir4oRUEFFG— ymtetc (@ymtetc) 2021年11月28日

【ヤマト2205】二つの特報に見る「2205らしさ」

こんにちは。ymtetcです。 11月30日、『ヤマト2205』後章の特報(40秒)が公開されました。前章の劇場上映についていた次章予告ですね。以前公開された特報(30秒)と合わせて、数十秒でありながら『2205』の良さを十分に発揮した特報であったように思います…

私的「好きなヤマト音楽」の見極め方

こんにちは。ymtetcです。 今日は個人的な「好きなヤマト音楽」の見極め方について、書いておきます。

【ヤマト2205】「反乱」によって戦争を避ける

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』では、しばしば地球防衛軍の判断とは別のところで、古代たちヤマト乗組員の判断によって艦が動かされ、物語が進んでいくことがあります。それは時に、「反乱」という形をとります。 今日はこの「反乱」、特に『2…

令和のラブ・シュープリーム!(雰囲気変わりましたね)

こんにちは。 今日は、以前からやりたかった、昭和と令和の「ラブ・シュプリーム」の簡単な比較に挑戦してみたいと思います。「ラブ・シュプリーム」=「Love Supreme」は「至上の愛」、つまり”この上のない愛”という意味ですので、作詞者が違うとはいえ多少…

西崎さんと旧作ヤマトと、『アクエリアス・アルゴリズム』。

こんにちは。ymtetcです。 今日書く内容は、リアルタイムで観ていた世代の方々には常識かもしれません。 旧作シリーズは、作品ごとの繋がりが希薄な面が課題とされました。 続編に登場する新キャラクターは、在庫整理のように終盤で命を落としたり、生き延び…

新生ナーフディスの第1話:『スターブレイザーズΛ』第19話

こんにちは。ymtetcです。 今日は、11月12日に公開された『宇宙戦艦ヤマトNEXT スターブレイザーズΛ』第19話について考えていきます。 comic.webnewtype.com ○第19話「ダニッシュ・ギャンビット」あらすじ ○新生ナーフディスの第1話 ○「ダニッシュ・ギャンビ…

【ヤマト2205】前作を受け継ぐための手法

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2202』と『2205』はテイストこそ変化しましたが、脚本スタッフが続投したことで、共通しているところもあります。今日はそれについて、考えていきます。

【休】古代は高次元宇宙のことを覚えていないのか

こんにちは。ymtetcです。 今日は久々に時間がとれなかったので、お休みです。 『2205』第4話でイスカンダルの救出を主張した古代は、芹沢に「それは高次元宇宙で得た知見なのか」と問われました。それに対して古代は「向こうでのことは、何も」と言葉に詰ま…

【ヤマト復活篇】古代が上条から引き金を奪った理由

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト復活篇』09年版のラストシーンは、迫りくるカスケード・ブラックホールに対して、”6連発の波動砲を一度に放つ”ことによって地球の危機を乗り切る、というものでした。 この過程で、タイトルにも書いた場面が登場します。波…

【ヤマト2205】主題歌は『方舟』×『2202』

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』の劇中歌・主題歌へのアプローチは、これまでのリメイク・ヤマトのいいところを踏襲していて興味深いな、と思います。 今日はリメイク・ヤマトの劇中歌・主題歌について考えていきます。 〇リメイク・ヤマト テーマ…

【アクエリアス・アルゴリズム】なぜ声と音楽が必要なのか

こんにちは。ymtetcです。 あくまで私の個人的な体験ですが、『アクエリアス・アルゴリズム』を読んでいると、ときどき視点が混線することがありました。ですが、その”混線”は必ず、声と音楽を脳内で流すことによって解消できるのです。 ではなぜ、本作には…

サスペンスパートの課題:『スターブレイザーズΛ』第18話

こんにちは。ymtetcです。 今日は「宇宙戦艦ヤマトNEXT スターブレイザーズΛ 第18話」について書いていきます。 〇第18話「木星撤退」ストーリー 〇ひとこと感想 〇サスペンスパートの課題 〇試される局面

【ヤマト2205】なぜ主人公不在でも機能しているのか

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』に関する感想で印象的だったのは「主人公がいない」との指摘でした。そう言われてみると、確かに『2205』には「このキャラクターの視点で」「このキャラクターの物語を描く」という存在はい…

【ヤマト2205】私の好きな「続編」

こんにちは。ymtetcです。 今日は私の好きな「続編」について書いていきましょう。 〇私は「続編」が好き 〇なぜ私は「続編」が好きなのか。 〇なぜ『2205』は私の好きな「続編」なのか 〇なぜ『2202』は私の好きな「続編」ではなかったのか 〇おわりに

【ヤマト2205】発進シーンに見る作品の”色”

こんにちは。ymtetcです。 『2205』の発進シーンには”あっさりし過ぎ”との声もありました。 実際、私も劇場で観た際にはそう感じました。 ですがその反面、『2205』の発進シーンは色々な角度から考えることができる構成・演出だったとも思います。今日はそれ…

【アクエリアス・アルゴリズム】が描く2021年の”リアル”

こんにちは。ymtetcです。 今日は、『アクエリアス・アルゴリズム』が描いた、地球社会と「宇宙戦艦ヤマト」の関わりについて考えていきます。 〇17年前の戦艦が「人類の希望」になる物語 〇『アクエリアス・アルゴリズム』における「宇宙戦艦ヤマト」

『2205』が言語化してくれた『宇宙戦艦ヤマト』の生存策

youtu.be こんにちは。ymtetcです。 安田賢司監督:リメイクであれば音楽を一新するのも一つの手だとは思うんです。(略)ただ、『ヤマト』の音楽がかかっちゃうと、その瞬間に『ヤマト』になることが分かったので、僕はある種、「ミュージカルで突然歌い出…

【アクエリアス・アルゴリズム】新しい旧作との向き合い方

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト 黎明篇 アクエリアス・アルゴリズム』は、『ヤマト』が西﨑義展さんの手を離れた新しい時代にあって、初めての旧作『ヤマト』でした。だからこそ見えてきた、新しい旧作との向き合い方もあると思います。 今日は…

【ヤマト2205】古代進、27歳。

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』は、古代進を『2199』の20歳、『2202』の24歳以上に、”27歳”という年齢を感じさせるキャラクターとして描くことに成功していた、と考えます。 今日は、そのことについて書いていきましょう。

【ヤマト2205】ファンの妄想を支えるキャラ設定のディテール

こんにちは。ymtetcです。

【アクエリアス・アルゴリズム】宇宙空母ブルーノア

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト 黎明篇 アクエリアス・アルゴリズム』には、1シーンではありますが、『復活篇』や『2520』に登場した戦闘空母≪ブルーノア≫が登場します。 『アクエリアス・アルゴリズム』におけるブルーノアの扱いは、短いながら…

【ヤマト2205】「段取りを省く」がわかりやすさの秘密

こんにちは。ymtetcです。 先日の「アニゲー☆イレブン」で、福井晴敏さんは『ヤマト2205』の特色として「段取りを省く」ことを挙げていました。これを福井さんは「ヤマト本来の持ち味とは矛盾する」としています。 今日は『ヤマト2205』の「段取りを省く」に…

【ヤマト2205】ヤマト艦隊の三層構造

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』は、たくさんの人のツボをちょっとずつ刺激する映画だったと考えます。とりあえず今浮かんだところでいけば、『ヤマト』のメカファン、音楽ファン、キャラファン。音楽はともかくメカやキャ…

【集団劇のあり方】『黎明篇』『ヤマト2205』、そして『Λ』

こんにちは。ymtetcです。 以前、『黎明篇 アクエリアス・アルゴリズム』と『スターブレイザーズΛ』、『ヤマト2205』をまとめて展望する記事を書きました。 ymtetc.hatenablog.com 今日は、実際に『アクエリアス・アルゴリズム』書籍版、『ヤマト2205』前章…

【ヤマト2205】なぜ「あらすじ」がキャラ視点なのか

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』の「これまでのあらすじ」は、地球とガミラスとのファーストコンタクトから、芹沢虎鉄の視点で『2199』『2202』を振り返るものでした。「あらすじ」でありながら起承転結があり、ガミラスやガトランティスとの戦い、…

【ヤマト2205】前章が「いい映画」として成立していた理由

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』前章は、前後編の前章でありながら満足度の高い映画になっていたと考えます。もちろんそれには複合的な理由があり、それこそ、身も蓋もない話をしてしまえば福井さんが導入の得意な作家さん…

【ヤマト2205 第一印象】新時代は到来したのか?

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』を観てきました。大変よくできた面白い作品だったと思います。 そして、前回の記事のタイトルは「【ヤマト新時代到来】 『黎明篇』『Λ』、そして『2205』」。実際に「新時代」は到来したのか。今日は『2205』を中心…

【ヤマト新時代到来】 『黎明篇』『Λ』、そして『2205』

こんにちは。ymtetcです。 2021年9月27日:『宇宙戦艦ヤマト 黎明篇 アクエリアス・アルゴリズム』発売。 2021年10月8日:『宇宙戦艦ヤマトNEXT スターブレイザーズΛ』第3巻発売。 同、第18話公開。 2021年10月8日:『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』前…