ymtetcのブログ

ヤマト他、モタスポなど色々なことについて考えていくブログです。

2202が2199ファンに支持されない理由と『さらば』『ヤマト2』

今日は、上記のテーマに基づいて、これまでの話の繰り返しをしてみたいと思います。

厳密に言えば、2202を支持している2199ファンの方も大勢いますから、乱暴なタイトルであることは承知しています。

とはいえ、2199のファンの方に2202が拒絶されるという場面は何度か見ましたし、2199で不満のあったファンの方が2202を絶賛する場面も見てきました。

よって、その象徴的な現象を取り上げてこのタイトルとしたわけです。

さて、2199のファンの方は、2202のどこに不満なのでしょうか。

ひとつここで挙げておきたいのは「リアリティ」です。

2199では天文学の知識が投入され、自衛隊監修のもとミリタリー設定も整理されるなど、設定が拡充されていました。

対して2202ではそれらの設定はおざなりになっています。ミリタリー設定は旧作ヤマトに近いものとなり、天文学の知識も抜けているため航海図も曖昧です。

2202でリアリティが欠けている部分はそれだけではありませんが、とりあえずその二つを挙げておきます。

それは何故か。

私は、2202が「さらば」のリメイクだからだと考えます。

第1作のヤマトが支持されたのは、あの頃では格段に高いレベルの「リアリティ」を持っていたからだと私は考えるのです。

一方「さらば」では、それほどリアリティは高くないと考えます。テレサはファンタジックだとして当時から批判があったようですし、「クェーサー」の誤用は有名です。

では何故「さらば」は許されて2202は許されないのでしょうか。

それの理由は、構成にあると考えます。

2202は、26話構成です。

しかし『さらば』は、劇場映画なのです。

つまり『さらば』は、リアリティに欠けていたとしても「2時間で終わり」の映画なのであり、ある種勢いで乗り切ることができるのです(これは何度か言ってますね)。

しかし2202はそうはいきません。各章毎にファンの目に晒され、設定の粗を探されてしまう。

言い方は悪いですが、そこでボロが出てしまうのです。

さて、旧作でいうと『ヤマト2』が、26話構成でした。

この『ヤマト2』、ご意見は色々あろうかと思いますが、基本的には『さらば』のリメイクと言っていいでしょう。

『さらば』を26話のテレビシリーズへ再構成するにあたり、実は『ヤマト2』では、リアリティ路線への転換が図られているのです。

ヤマト廃艦をヤマト改造へと変更し、アンドロメダ量産の示唆、詳細な航路図、土星決戦における作戦描写など、です。

これらは果たしてリアルと言えるかは分かりませんが、リアリティ向上の試みと言えるでしょう。

2202が下敷きにしているのは飽くまで『さらば』ですが、それと同じように勢いで乗り切ってしまおうという発想が見て取れます。

しかしそれは結果的に、リアル路線を必要とするテレビシリーズの枠組みに不適合となってしまったのではないでしょうか。

思えばテレビシリーズのヤマトⅢでも、一応のリアル路線が採られています(後半は知りません)。

設定にリアリティがないと「間が持たない」と言えるかもしれません。

リメイク版に思いを馳せれば『星巡る方舟』においても、設定のリアルさなどはあまり物語に必要でなかった要素だったような気がします。

単発劇場映画か? テレビシリーズか?

2202は、この枠組みを選ぶ段階でミスをしてしまったのかもしれません。