ymtetcのブログ

ヤマト他、モタスポなど色々なことについて考えていくブログです。

短文一考:「ホンダF1」って。

今日は私の言いたいことをぶつけてみたいと思います。

昨日のトロロッソ・ホンダの走りは当然期待を裏切るものでした。昨年までのマクラーレン・ホンダにおけるホンダの仕事もそうだったのは間違いありません。

しかし昨日の結果に対して、こんな旨の意見が見られました。

「ホンダF1、遅いな」

「ホンダF1がマクラーレンに負けた」

残念ながら、ホンダというチームは今F1で走っていません。

言葉遊びと思われるかもしれませんが、これは大きく違います。

ホンダPUを搭載したトロロッソが遅い、トロロッソマクラーレンに負けた、これはわかります。

しかしホンダはPUサプライヤーであって、チームではありません。

「ホンダがルノーに負けた」

これは成り立つでしょう。

例えば、トスト代表は「ホンダは今シーズン中にルノーに追いつく」かもとおっしゃっていました。仮に来季、ルノーと同等のパワーユニットをホンダが作って、レッドブルに搭載したとする。そうしてレッドブルマクラーレンに勝ったとして「ホンダがマクラーレンに勝った」と言えますか?事実は「ホンダがルノーに追いついた」「レッドブルマクラーレンに勝った」ことだけです。この時、マクラーレンに勝ったのはレッドブルであってホンダではありませんよね。

2014年以来、パワーユニットの強いチームが強さを発揮してきましたが、メルセデス勢が後退した開幕戦を見る限り、これからはトータルパッケージの時代。もちろん、トロロッソというパッケージ、昨年のマクラーレンホンダのパッケージが遅かったことに関してはホンダの責任も少なくないでしょう。

しかし、チームというトータルパッケージを無視して「ホンダF1」とくくるのは、チームに失礼ではないでしょうか。

ホンダとマクラーレン、という対決しようのない対立軸を勝手に煽って、勝ち負けを論じるのはおかしいと思います。