ymtetcのブログ

ヤマト他、モタスポなど色々なことについて考えていくブログです。

「西井がいなくても大丈夫」って言ったやつ誰だ

わかる人にはわかると思いますが、宇宙戦艦ヤマト2202についてです。

宇宙戦艦ヤマト2202が製作発表された際、さまざまな不確定情報がネット上に流れていました。

総監督はアミノテツロ。音楽は山下康介など、嘘か本当か分からない微妙な情報も。

そんな背景もあって、私は珍しく某匿名掲示板を覗いていました。

そこでは「自称関係者」とでも言うべき態度の人が様々なことを言っていました。

そして、誰が言ったか知れず「西井が2202から外れる」との情報が。

この西井とは、2199でチーフメカニカルディレクターを務めた西井正典さんです。

現在は2202と同じジーベック製作のフルメタルパニックに参加しておられます。

西井さんの2199での著名な仕事といえば、やはり「メカへの手描きディテール追加」でしょう。

その西井さんが外れるという情報を聞いたファンは、当然心配していました。

それに対して、例の「自称関係者」はこんなことを言ったのです。

「メカのディティールは3Dに落とし込むから、西井がいなくても大丈夫だ」

さて、現実に登場した2202を見てみると、3Dに落とし込まれているのは謎の紋様ばかり。

2199に匹敵するディテールアップもなく、メカ「描写」に関しては劣化していると言わざるを得ません(メカ「デザイン」に関しては各々の好みがあると思いますが)。

ヤマトのディテールアップに関しては、皮肉にも現在批判の的になっている小林誠副監督が行なった箇所が最も細部まで描かれているという現状です。

対してフルメタルパニックでは、そのメカ「描写」は絶賛されている。

これは、西井さんの力による所が大きかったことの、何よりの証明でしょう。

匿名掲示板の書き込みなので、あまり批判したくはありませんが、もしあの発言をした人が関係者であるならば残念です。

最後に付け加えておきますが、私はこのことによって2202の批判側に回るつもりはありません。

西井さんがやってくれたらよかったなぁ、そんなレベルです。(あれが関係者なら許せませんが)

2202は面白いと思いますし、好きですよ。