ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち

【ヤマト3199】予想を立てる上で気を付けたいこと

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2202』と『2205』の2作品を経て、福井ヤマトのパターンも少し見え始めました。そこから、『ヤマト3199』の予想を立てる上で気を付けたいことがあります。今日は、そのことについて考えます。

福井晴敏さんの考える「ヤマトらしさ」

こんにちは。ymtetcです。 いわゆる「福井ヤマト」は、『ヤマト2205』で2作目、『3199』で3作目となります。 宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち ‐全記録集‐ COMPLETE WORKS KADOKAWA Amazon 『2205 全記録集』に掲載されている企画書には、『2205』だけでな…

【旧新たなる】地球人がガミラス星を破壊した、というドラマ

こんにちは。ymtetcです。 豊田有恒さんの名前で残されている『新たなる旅立ち』の「SF基本設定」には、1979年2月5日に作成された原案として、以下の内容が書かれています。

『ヤマト2205』に学ぶ、過去作オマージュの意義

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』の挿入歌「別離」は、福井さんの希望で使用されました。 ――あとは音楽の使い方が印象的で、なかでも堀江美都子さんの歌う「別離」が流れるシーンは圧巻でしたね。 福井〇台本の段階から、ここで使おうと指定を入れて…

『ヤマト2205』『3199』は旧作の反省に立てるか?

こんにちは。ymtetcです。 福井さんは『2205』と『3199』の主題として、「『2』ではなく『さらば~』の続編として」を掲げています。福井さんの言葉を借りれば「ショー」になってしまった『2』以降のヤマトを、「作品」であった『さらば』と地続きの作品とし…

【ヤマト3199】目指すは『2202』を超える「人間賛歌」

こんにちは。ymtetcです。 宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち ‐全記録集‐ COMPLETE WORKS KADOKAWA Amazon 福井さんは、『2205』の企画書に次作『3199』の方針をいくつか記しています。 そこには『3199』が『2202』と似たアプローチをとりながら、『2202』…

【ヤマト2205】「企画メモ」に見る福井ヤマトの現状と限界

こんにちは。ymtetcです。 宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち ‐全記録集‐ COMPLETE WORKS KADOKAWA Amazon 今日も『ヤマト2205』全記録集を読みながら、『2205』について考えていきます。今日のテーマは、「福井ヤマトの現状と限界」です。 〇福井ヤマトの…

【ヤマト2205】第5話のつまずきを深堀りする

記事の投稿が遅くなりました。ymtetcです。 先月22日に「第5話が私の評価を狂わせた」と題した記事を投稿しましたが、『2205』第5話は私にとって鬼門です。前章を賞賛しながら後章の評価が芳しくないのは、主にこの第5話が原因だからです。 先月22日の記事を…

【ヤマト2205】『2199』路線復活のリメイク的背景

こんにちは。ymtetcです。 多くの中心スタッフが変更され、内容面では『2199』との連続性も議論の対象となった『2202』。しかし、同じ「福井ヤマト」でありながら、『2205』では部分的に『2199』路線への回帰とリスペクトが見られました。 今日は、その背景…

【ヤマト2205】は誰向けだったのか

こんにちは。ymtetcです。 ymtetc.hatenablog.com 今日は2020年4月に書いた記事の答え合わせです。 結論から言えば、『2205』のコンセプトはおおむね、この記事と似たようなものでした。旧『新たなる旅立ち』をリメイクする以上、他の方針をとりようがないん…

【ヤマト2205】「企画メモ」と「ヤマト10年の賦」

こんにちは。ymtetcです。 宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち ‐全記録集‐ COMPLETE WORKS KADOKAWA Amazon 福井さんは『2205』の「企画メモ」で、今後の『ヤマト』の物語の在り方として、二つの道筋を提示しています。 (略)幾多の試練を乗り越え、「古代…

【ヤマト2205】「企画メモ」で見えた福井晴敏の”挑戦”

こんにちは。ymtetcです。 『新たなる旅立ち』のリメイクである『2205』は、『2199』『2202』とは違い、原作が「不朽の名作」ではありませんでした。それゆえ『2205』は、単純な「再現」としてのリメイクというよりは、コンテンツとしての再挑戦、いわば「リ…

【ヤマト2205】「最高傑作」の新乗組員訓練シーン

こんにちは。ymtetcです。 私は『2205』前章・第2話の新乗組員訓練シーンが好きです。リメイクシリーズ(『2199』『2202』『2205』)の中で、もっとも出来のよいシーンだと考えています。今日はこれについて、考えていきます。 〇航空隊による模擬戦闘訓練 …

【ヤマト2205】「原作再現」シーンから解放された初のリメイク

こんにちは。ymtetcです。 旧『新たなる旅立ち』を観ると、意外にも『2205』で再現されている場面が多いことに気付きます。しかし思い返せば、「旧作が再現されている」事実をもって、『2205』が賞賛されることはありませんでした。今日はこれについて、考え…

【ヤマト2205】アナライザーズこそ『2202』からの進歩

こんにちは。ymtetcです。 今日は、『ヤマト2205』に初登場したカラフルなアナライザー、通称「アナライザーズ」の果たした役割について考えていきます。

【ヤマト2205】第5話が私の評価を狂わせた

こんにちは。ymtetcです。 私の『2205』評価は前章がピークで、後章でやや下がりました。「導入は上手いけど、最終話は上手くない」と時折言われる福井さんの傾向からすれば仕方ないのかもしれませんが、私の場合、最終話には大きな不満はありませんでした。…

【ヤマト2205】初見時に楽しめなかったことを思い出した

こんにちは。ymtetcです。 いつもコメントをありがとうございます。返信できず申し訳ありません。ただ、必ず目は通すようにしています。 さて、いただいたコメントを読みながら考えたのは、私が『2205』以降、”書きにくさ”を感じており、それが記事にも表れ…

【リメイク・ヤマト】『ヤマト』新時代の過渡期的シリーズ

こんにちは。ymtetcです。 今日は、いわゆる「リメイク・ヤマト」の捉え方を再考していきます。

【ヤマト3199】”並行宇宙”説のメタ的面白さ

こんにちは。 ymtetcです。 『ヤマト3199』の敵・デザリアムを「並行宇宙の地球」と見なす意見は根強いです。 さらに実際、『2205』にあって、それを匂わせる描写も少なくありません。仮に「並行宇宙の地球」ではなくとも、何らかの並行宇宙や、時間をさかの…

【ヤマト2205】「秘蔵企画メモ」への期待

こんにちは、ymtetcです。 以前より情報のあった、『2205』全記録集の詳細が発表されました。 今日は特に「秘蔵企画メモ」について、考えていきます。

【福井ヤマト】前作を乗り越えるアプローチ

こんにちは。ymtetcです。 「福井ヤマト」が繰り返して使う手法に、「前作を否定する」手法があります。 今日はこれについて、改めて考えます。 「福井ヤマト」は『2202』の時に、「前作『2199』を否定している」と、随分批判を受けました。 それはもちろん…

【ヤマト2205】特定の世代向けも悪くない

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』は、やはり旧ヤマト世代に向けた作品でした。 今日はこのことについて、考えていきます。

『ヤマト2205』が『2202』より「食べやすい」理由

こんにちは。ymtetcです。 今日はドラマの作り方に注目して、『2205』が『2202』よりも「食べやすい」、すなわち楽しむことが容易であった理由について、考えていきます。

素直ではない「福井ヤマト」

こんにちは。ymtetcです。 福井さんの作る『ヤマト』は、物語に深みを出そうとする傾向が強いですよね。しかし良くも悪くも「素直ではない」のが福井ヤマトの特徴です。 今日は、このことについて考えていきます。

【ヤマト2205】福井ヤマトの弱点

こんにちは。ymtetcです。

【リメイク・ヤマト】悲観的にならざるを得ない

こんにちは。ymtetcです。 前回の記事では、「大人向け」のスタンスをとることが、リメイク・ヤマトの門戸を広げる上では重要だと述べました。 そして、その観点に立てば、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』は、ほとんど完璧な作品であったと言わざるを…

【ヤマト2205】作戦の失敗と「成功」

こんにちは。ymtetcです。

【ヤマト3199】2章ごとに盛り上がる作品にしたい

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト3199』は全26話だと発表されています。そこで今日は、『ヤマト3199』のペース配分について考えていきたいと思います。 〇6~8話ごとがベスト?

リメイクヤマトと、タイトルの副題【新たなる旅立ち】

こんにちは。ymtetcです。 これまでのリメイクヤマトで、作品のタイトルに副題がつけられた新作は三つありました。『2199 星巡る方舟』『2202 愛の戦士たち』『2205 新たなる旅立ち』です。この三つは、物語の舞台を示した『星巡る方舟』と、物語の主題を示…

【休】『2199』『2205』のアプローチの違い

こんにちは。ymtetcです。 今日はお休みです。 『2199』と『2205』は、同じような「より多くの人に受け入れられること」を目指した作品ですが、私はどこかに両作品の違いを感じてきました。今日は、それについて考えてみたいと思います。 『2199』と『2205』…