ymtetcのブログ

偶数日に『宇宙戦艦ヤマト』を考えるブログです。

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち

【ヤマト2205】キャッチコピーから物語を想像する

こんにちは。ymtetcです。 初日に『ヤマトという時代』を観られず、『Λ』の記事を書くにも時間が足りない昨日の私は、実のところ今日の記事をどうするのか、少しだけ悩んでいました。 『ヤマト』公式が、やってくれました。

【ヤマト2205】制作が遅れているとすれば……

こんにちは。ymtetcです。 「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択6.11 劇場上映開始⚓山寺宏一(アベルト・デスラー役) ×福井晴敏(構成・監修・脚本)スペシャルインタビューを公開しました!https://t.co/E14WnaaiZl#宇宙戦艦ヤマト pic.twitter.…

【ヤマト2205】小林理論への懸念

こんにちは。ymtetcです。 既に公開されている数少ない『2205』情報に、先日公開された新メカのデザインがあります。 【 #ホビーネクストフェイズ の解禁情報をおさらい!】「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅たち」より劇中に登場する戦艦がプラモデルで登場…

完成はしそう?

こんにちは。ymtetcです。 6/11上映開始 #ヤマトという時代第3弾特典付き前売券(ムビチケ)発売決定!第3弾特典は最新作『宇宙戦艦ヤマト2205』複製原画&設定資料セット!▼メイジャーWEBサイトでの通販は【5/8 0:00より開始】https://t.co/WsB4FbcQxk▼詳細は…

お休みですが『ヤマト2205』と『ヤマトという時代』の話

こんにちは。ymtetcです。 『2205』のクオリティは本気で心配してます(何かを見た)。心配しても仕方ないのですが — ymtetc (@ymtetc) 2021年4月23日 今日はお休みをいただきますが、このツイートについて少し書いてみます。 「何かを見た」とはネット上の…

【ヤマト2205】サテライトの本気は見られるのか

こんにちは。ymtetcです。 『マクロスΔ』も第18話まで観終わりました。気になるところはありつつも、映像に関してはやはりサテライトの技術の高さを感じます。特に、『ソマリと森の神様』でもエンディングを務めておられた石川寛貢さんのセンスには脱帽です…

【ヤマト2205】超特報、公開!

こんにちは。ymtetcです。 ゴルバのテーマも高らかに、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』の「超特報」が公開されました。 www.youtube.com 構成としては『2202』最初の特報に近いものですが、今回はこれに安田賢司監督のショートインタビューが加えられ…

【ヤマト2205】スタッフが一新されるらしい【サテライト】

こんにちは。ymtetcです。 〇はじめに 〇スタッフの大幅な変更がある? 〇サテライトの特徴と、『2205』の既出情報 〇『宇宙戦艦ヤマト』の今後のためにも 〇はじめに 『2199』と『2202』を支えてきたジーベックがSUNRISE BEYONDに再編され、『宇宙戦艦ヤマ…

【ヤマト2205】旧ヤマトクルー散り散り説

こんにちは。ymtetcです。 一昨日、『2205』の新しい情報がさりげなく公開されました。『2205』では、『2202』までのヤマトクルーは各艦の艦長として、散り散りになっているのかもしれません。

ヤマト2205とガミラスの滅亡/ヤマトマガジン次号の情報公開

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』は、かつての『新たなる旅立ち』のストーリーを下敷きにしているといいます。ですが、『2199』以来のリメイク世界と、『宇宙戦艦ヤマト』以来の旧作世界には若干のズレがあります。『2205』もまた、そのズレと無縁で…

【ヤマト2205】冒頭における宇宙戦艦ヤマトの位置

こんにちは。ymtetcです。 『2205』の記事が続いているので、この際もう少し続けてみます。前回の記事の最後の部分を、もう少し書いていきます。 『2205』に登場する宇宙戦艦ヤマトは冒頭どこに”ある”べきか、問題です。 これまでの『宇宙戦艦ヤマト』作品の…

【ヤマト2205】ヤマトクルーをめぐるあれこれ

こんにちは。ymtetcです。 前々回の記事で、真田はヤマトに随伴する<日向>の艦長なのではないか、と予想しました。これはあくまで予想に過ぎませんが、少なくとも真田が『2205』のヤマトに乗らないことは、福井さんの発言により確定しています。 福井さん…

【ヤマト2205】戦闘シーンへの期待と……

こんにちは。ymtetcです。 前回は「艦隊戦」をテーマに、『ヤマト2205』への期待を書きました。 今回はもう少しテーマを広げて、「戦闘シーン」への期待を書いてみます。 なお、記事を書くために調べていくと、色々なことが分かりました。そちらは「余談」と…

【ヤマト2205】艦隊戦への期待

こんにちは。ymtetcです。 『ヤマト2205』は既にアフレコ段階に入っているとのことですが、やはり制作もかなり進展してきていると思います。特報など本格的な情報公開は『ヤマトという時代』公開後に展開されていくはずなので、もう後は出すだけ、になってい…

【ヤマト2205】「初めて」の試み……?

こんにちは。ymtetcです。 先日のオールナイトニッポンでは、福井さんがたくさん興味深い話をしてくれました。中でも『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』に向けた福井さんの話は、これまで『ヤマトマガジン』でも、その他インタビューでも明かしてこなか…

最新インタビューで『ヤマト2205』を語る

○はじめに こんにちは。ymtetcです。 昨日の『2202』公式Twitterに投稿された画像で、『ヤマトという時代』にさりげなく「ボラー」(ネタバレかも?)が登場すると明かされました*1。話題作りとしてはよかったと思います。 mantan-web.jp さて、今日もこちら…

「シンゴジ的ヤマト」論から見る現在の『宇宙戦艦ヤマト』

こんにちは。ymtetcです。今日こそ、この記事ですね。 『宇宙戦艦ヤマト2199』と「12月8日」 - ymtetcのブログ なお、以下はこれとは別の内容です。 〇はじめに 一昨年の12月、「シン・ゴジラになり得るヤマトを作るには」と題して、二本の記事を投稿してい…

思考を整理する:映画『ヤマト2205』

こんにちは。ymtetcです。 〇はじめに 前回はマインドマップの練習を兼ねて、これまでの『ヤマトという時代』関連の記事を整理しました。今回は『ヤマト2205』で同じような作業を行います。というのも、前回の作業をやってみて、個人的に「『ヤマトマガジン…

新たなる「あなたの物語」:『ヤマトという時代』から『2205』へ

こんにちは。ymtetcです。 今日は(私の中で)「『ヤマト2202』の最高傑作」と名高い『第六章 回生篇』の公開から2年となります。私が「考察」と言っていただけるような記事を書き始めたのがちょうどこの辺りでしたので、私の中では特別な映画の一つです。脚…

【2019年10月執筆】「2202」にケリをつけよう──ヤマト2205スタッフ雑感

前回の記事を作る作業の中で、2019年10月に書いていた下書きが出てきました。ほぼ完成していたので、投稿します。その時点の内容である点、ご了承ください。 -------------------- -------------------- お久しぶりです。ymtetcです。 2019年10月14日、『宇…

時間断層は『ヤマト2205』に登場するか

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』に登場した時間断層。 時間断層は元々、岡秀樹さん(脚本)が『2202』とは別に作った、独自の「『2199』の続編」案に盛り込まれていたアイデアでした。それを福井さん(シリーズ構成・脚本)が…

『宇宙戦艦ヤマト』における「西暦」の壁

こんにちは。ymtetcです。 『宇宙戦艦ヤマト』シリーズには、種々の限界があります。一つに、最近活発に記事にしてきました、『1974ヤマト』の世界観から抜け出せない、といったものがありました。ただそれは、『Λ』によって新しい第一歩が切り開かれつつあ…

【画像はありません】ヤマトマガジンのあり方と最新号

『ヤマトマガジン』のあり方について。

『ヤマト2205』の存在意義──スタッフ陣容から

福井晴敏・岡秀樹体制の是非を問う。

【ヤマト2202】「シナリオ」を読む──第一話

『2205』に向けての話も。

『宇宙戦艦ヤマト』シリーズの生存戦略を考える

一番大切なのは「未来に繋ぐ」こと。

『ヤマト2205』は「パラダイムシフト」に対応できない

「コペ転」の方が馴染みありますかね。

『宇宙戦艦ヤマト2205』は誰向けか

『2205』は誰に”売る”?

【ナミガワ様より】ヤマト2202へのモヤモヤを解く考察

「アイデンティティー」と「愛の勝利」

安田賢司監督『ソマリと森の神様』最終回を迎えて

『ヤマト2205』安田賢司監督への期待。